挿入しやすさに必要なのは愛液の量ではなく愛液の○○!?

いつもと同じように愛撫をして挿入したはずなのに、スムーズに入れられなかったり、彼女が痛みを感じてしまうことってありませんか?

実はスムーズな挿入には愛液の量だけではなく「愛液の粘度」が関係しているのです。

愛液の粘度とは

愛液は女性の体が作るものなので、彼女の体質や体調、体のリズムによって日々変化します。それは「量」はもちろんですが「粘度(すべりやすさ)」にも関係しているのです。

愛液の粘土と挿入しやすさの密接な関係

オナホでオナニーをしよう!と思った時、一般的にローションを使うことが多いのではないでしょうか。ローションのようにトロトロヌルヌルしたものであれば摩擦も少なく挿入もスムーズにできそうですよね。でもローションではなく、水だった場合はどうでしょう。どれだけたくさん水をつけたところで摩擦も大きく滑りにくいので、ちょっと突っ張って痛いと思いませんか?

それと同じことが彼女の膣と愛液でおこっているのです。

トロトロヌルヌルした愛液であれば、量が少なめでも摩擦も少なくスムーズに挿入できますが、水のようにサラサラした愛液だと摩擦が大きく挿入しにくくなってしまうのです。

本当に愛液って変化するの?

私の場合、はじめはトロトロとした愛液ですが、長時間愛撫されているとだんだんサラサラとした水のような愛液に変化してしまいます。この「水のような愛液」も太ももを伝って垂れてしまうほどたくさん出ているのですが、潤滑剤の役割が弱いため、今までどおりの愛撫でも痛みを感じやすかったり、皮膚が突っ張って挿入しにくかったりします。このトロトロ→サラサラがいつ切り替わるかは体調によっても様々。

生理が近くなるとはじめからサラサラで乾きやすいことが多くなってくるので、普段よりぐんと挿入しにくくなり痛みも感じやすくなります。

SNSにはこんな投稿も。

女性によって個人差はありますが、愛液の粘度の変化はあるようです。

彼女の愛液が挿入に向いていない場合の対処法とは

トロトロの愛液にする方法は?

  • イキそうなときはサラサラになる
  • 感じてるときはトロトロ
  • リラックスしているときはサラサラ
  • サラサラのとき女性はイッてない!
  • クリを愛撫するとトロトロ、膣を愛撫するとサラサラ

など、いろいろな説がありましたがどれも言っていることがバラバラなのであまり信憑性はなさそう。残念ながら男性の頑張りで愛液の粘度を変えるのは難しいみたいです。

ローションを使ってみるのもありかも

コメント

タイトルとURLをコピーしました